ダラム大学日本語サイト

大学の概要

大学の歴史

ダラム大学は1832年に設立された、イギリス国内でケンブリッジ、オックスフォードに次ぎ3番目に古い大学です。北イングランドの地域の人々にアカデミックな教育を、という意図の下に設立されました。大学は、ダラムとニューカッスルの2つの街にわたり発展してきましたが、1963年にニューカッスルのキャンパスがニューカッスル・アポン・タイン大学として独立しました。ダラムの街を拠点とするダラム大学は同1960年代に、人文系、社会科学系両学部の拡大を経て、1992年にはストックトンに新たなキャンパスを開設しました。当初はストックトンのキャンパスでは、ダラム大学とティーズサイド大学合同の学位を提供するプログラムが行われていましたが、2002年にダラム大学クイーンズ・キャンパスと名称を変更して現在に至っています。

現在ダラム大学は、3つの学部から構成され、300以上のプログラムで1万2000人以上の学生が学んでいます。留学生コミュニティも約120カ国からの1900名に及びます。

 

キャンパス案内

ダラム大学には2つのキャンパスがあります。

薬学、教育、ビジネス、心理学以外の科目: ダラム・キャンパス  

薬学、教育、ビジネスと心理学の科目: クイーンズ・キャンパス、ストックトン 

キャンパス・マップ